ume父母ごと・おでかけ&trip

クラブ「AVALON」もう帰ります〜シンガポール旅行その5

いや〜〜引っ張り過ぎで申し訳ございませんです(汗)

「5話ですか?お腹いっぱいですからいい加減にして欲しい」

と言う声が聞こえてきそうですが、まあまあそんな事言わないで下さい

そんな事言う人には

「10倍返しだぁ」

   ↑

って、この言葉自体がもうそろそろお腹いっぱいですか(爆)

ではでは、その5へ行っちゃいます

シンガポール行きが決まってから何処で情報を仕入れてきたのか

「アヴァロンへ行きたい」

「アヴァロンへ絶対行く」

アヴァロン アヴァロンと、うるさいume父です

一体アヴァロンとは何ぞや??

P8140384

どうやらハリウッドで最も人気のあるクラブの姉妹店らしいのです

自称ダンサーに成りたかったume父たっての希望でクラブへ行く事に

おっちゃん、おばちゃんがそんな煌びやかな所へ行くなんて

超〜恥ずかしいわ

P8150040

クラブAvalonはルイ・ヴィトン@マリーナベイの隣にあり

海に浮かぶ ルイ・ヴィトン  アイランド同様クリスタルな建物なんです

店内からシンガポールのキラキラ夜景が望めます

雰囲気といい、音楽と良い

オシャレ過ぎます、かっこよ過ぎます!!



P8150044



思いっきりお洒落して来ている若者が続々入店してきました

観光客らしき人はチラホラ・・・もちろん私たちを含みます

思いっきり浮いている感がありありでしたが

まあ〜〜こんな経験は滅多に出来ない

シンガポール最終日の夜はクール&ゴージャスだったと言う訳でした

もう少し居たかったume父ではございますが

明日帰国しなければなりませんので

コンビニでビールを買って

早めに撤収^^

気がつけば朝^^;

帰りの日がやってきました。



P8150047

マリーナベイサンズともお別れです

吹き抜けのロビーもこれで見納めです

P8150060



ホテルを後にシンガポール国際空港「チャンギ空港」へ到着しました

空港内のバーで一休みします

もちろんタイガービールバーです

目の覚める様なブルー 一色の店内です

旅の終わりはビールを飲んで締めくくります


Dsc06504

ume母ぐびぐび〜〜〜

やっぱりタイガービールうんまぃ!!

もう一杯と行きたいのですが

出発時間が近づいてきました

P8150076

搭乗口へ向かいます

P8150064

シンガポール航空のCAさんの後ろ姿です

制服がとっても特徴的です

P8150096

8月15日 13時45分発

さようならシンガポール

そう言えば行きの機内が寒過ぎたので帰りは万全の体制で挑みました

Tシャツ2枚重ね+カーディガン+スエット+ソックス2枚重ね

そしたらですね、、帰りの機内は暑かったんです(汗)

関空に到着したのは 21時半くらいでしょうか

税関が混雑しててなんだかんだで関空駐車場を出たのは23時過ぎでした

日付は変わり16日午前1時半自宅に帰ってきました

やれやれ〜ほんまに疲れました

っと言ってもume母は助手席でアホ面して寝てましたけど ^^

ただいまっ!!

玄関を開けた音で気づいたのでしょう

Dsc05775

私達の帰りをこんな感じで

Dsc05778

待っているkoumeとbambooo^^

Dsc05826

何処行っとんたん?

そんな表情のkoumeとbamboooです

Dsc05784

寂しかったなぁ〜

っとコソコソ話している白と黒です

Dsc05790

そんなこんなで5話まで続きましたが長々とお付き合いいただきまして

誠にありがとうございました

ではではこの辺で。。。


| | コメント (2)

シンガポール版の銀座&リバークルーズ〜シンガポール旅行その4

シンガポール3日目最終日です

前日はシンガポール夜景コレクションを堪能する為にどれだけ歩いた

事でしょう

やっぱり疲れるぅ〜

外は雨だし体力の無いume母は、ゆっくりお部屋でゴロゴロしたいなぁ

Dsc06495

何て事を、、、時間がもったいないぞぉ〜派の活動的なume父に

「ビールでも飲みながらプールでのんびりしよう」

と提案されて

「いいねぇ〜」

のume母です

マリーナベイサンズに宿泊すれば何回でも入れるインフィニティープール

思い残しの無いように午前中はプールで過ごす事にしました

Dsc06161

宿泊客の方々は観光に行かれているのでしょうか

それとも雨が手伝っているのでしょうか

夜のプールとは違い利用客もまばらです

P8140169

57階の屋上プールなので水温もやや低め

プールに入ると おおっ〜〜冷たいってな感じなんです

P8140189

なのでジャグジーで体を温めます

温かいし気持ちいいぃ〜〜

二人仲良くイチャついてるように見えますが水面下では喧嘩が勃発

旅行中は更に喧嘩も増えます(爆)

何と言ってもume母の行動がノロい&ダサいらしいのです アハッ^^

そんなの今に始まった事じゃないだろぉ、、、(怒)

P8140224

まっつ、気を取り直し体も温まったところでビールでも

う〜〜んプールでビールええわぁ〜〜!!

P8140238

ビールを運んでくれたシブいスタッフさんとパシャリぃ〜

ume父偉そうに肩を組んでおります ^^

プールを楽しんだ後はオーチャーロードへ

Dsc06372

オーチャーロードは世界中の流行が集まるショッピングストリート

まぁ〜シンガポール版の銀座らしいです

Dsc06336

あっ、ミランダカーと目が合いました

彼女の様に美しく抜群のスタイルであれば例のインフィニティープールでは

注目の的

どれだけ楽しくて充実の時間が過ごせたでしょうか ^^

モザイク無しの貝殻ビキニでブログ登場だぁ〜(核爆)

何々??貝殻ビキニが古いっ(汗^^)

と言うよりも一緒にいるのはume父じゃなくて

オーランドブルーム似の超素敵なお方と結婚してるはずぅ〜♪

P8140276

その様な夢物語は置いといて現実に戻ります

こちらはモザイクは絶対に外せないume母です

Dsc06375

高島屋が見えてきましたよぉ〜

P8140263

そしてそして屋台のセブンイレブンがありました

丁度 喉も乾いてきたところでビールタイムと行きますかぁ

Dsc06359_edited1

ume母グビグビ〜

Dsc06363

ume父もグビグビ〜

ココでもやっぱりタイガービールでしょ

夕方からはオプションツアーに参加したんです

「シンガポール・ナイトリバークルーズ」

シンガポール川からの夜景を楽しみました

夕食付きでした

スチームボートというお料理

シンガポール風のしゃぶしゃぶらしいです

Dsc06386

海鮮たっぷりです

後、野菜に鶏肉、練りもの系を入れます

お味の程は・・・・・

ビールを頼みました

ビールでお腹を満たした感じです(滝汗)

食後は船の乗り場まで歩いて行きます

Dsc06395

クラークキーリバーサイドといって本当に素敵なんです

川沿いには素敵なレストランが沢山あります

Dsc06410

オリエンタルな雰囲気が漂うとっても素敵なお店を見つけました

こんなところでご飯食べたかったなぁ〜

後で解ったのですが「フォービドゥン・シティ」という有名なお店で

チャイニーズ創作料理が中心で1Fはバーらしいです

P8140314

アンティークなお店やジャズクラブ

何だか本当にお洒落なんです

Dsc06407

そんなお洒落な雰囲気にテンションが上がるume父です

ちょいカッコつけとります ^^

P8140316

ブルースパブも洒落てます

こちらも洒落た雑貨屋さん

P8140320

ボート乗り場に着きました


P8140322

ぐんと夕暮れが近づいてきて何とも言えない素敵な風景

ロマンチック過ぎます

P8140358

摩天楼が見えてきました

金融機関のビルらしいです

その他、写真撮りましたが船が揺れてブレまくりです

P8140351

川からだとお母さんマーライオンちゃんもお顔がハッキリ解ります

こんなお顔なのねっ

案外可愛いじゃありませんか

Dsc06433

バムボートという昔ながらの船に乗ってのクルーズでした

シンガポール川からの夜景は昨日の夜景とは一味違い宝石箱の様な

ビルやオフィス街の摩天楼に圧倒されました

シンガポールって本当にキラキラです

あ〜〜そう言えばお腹空きました

夕ご飯を殆ど食べて無い事を思い出しました

Dsc06441

マリーナベイサンズのお隣「ショップス・アットマリーナベイ」へ

P8140381

世界の一流ブランドのお店からお土産物やさん、レストランに

カフェ、カジノがある巨大ショッピングモールへ

そこのイタリアンカフェで仕切り直しの遅い夕食をいただきました

P8140007

サラダにパスタ

バジルソースの平打ちパスタは

「う〜〜んボーノ」

P8140010

ではではこの辺にて。。。

長々お付き合いありがとうございました

本日もkoumeのブログにお立ち寄り頂き誠にありがとうです

あっ、引っ張り過ぎの旅行記も次回で終わりですので

どうもすんませんです(滝汗)

改めまして失礼します

| | コメント (2)

マリーナベイ夜景【The Wonder Full】シンガポール旅行その3

前回のブログ、お昼はセントーサ島で楽しみました〜

今回のブログはシンガポール2日目、夜の部です

お昼は曇っていたので茹だる様な暑さ

とまで行かないものの確かに湿気が凄くて暑さでも疲れます

しかし、疲れたなんて言ってられません

夜も活動的に思いっきり楽しみますよぉ〜

そうなんです この旅行2番目の目的を堪能しなくては。。。

2番目の楽しみって??それは〜マリーナベイの夜景

The Wonder Full 水と光のショーです

1番楽のしみはマリーナベイサンズのインフィニティー

プールからの夜景だったんですよね

って事は2番目もNight系って事なんです ^^

シンガポールの夜は忙しいぞぉ〜

P8130039

ume母のバックには煌びやかなマリーナベイサンズが〜

毎日行われるショーが始まるのを待っているんです

P8130054

あっ、音楽が流れ始めました

と同時に噴水が、、、

P8130063

マリーナベイサンズのてっぺんの空中庭園から青や緑のレーザー

光線が放たれます

P8130067

動画はオフィシャルサイトからお借りしました

下の写真は噴水のサイドから撮ったものですので映ってはいませんが

正面から見ると噴水に色々な映像が映し出されているんです

ショーのクライマックスにはワンダフル・ワールドのコーラスが

流れ出しフィナーレでは無数のシャボン玉が空に舞います

P8130050

音楽と光とが重なり何だかスペクタルなSF映画を見ているようです

P8130128

マリーナベイ周辺全体がカメレオンの様に色が変化します

Dsc06308

ume父が一生懸命シャッターで捉えようとしているのはこの画像です

P8130025

海に浮かぶ ルイ・ヴィトン  アイランドです

ルイ・ヴィトン@マリーナベイ 

P8130018

島全体がヴィトンのお店なんです〜これはマジで凄い

上から見るとVの字になってます

クリスタルのように輝く本当に美しい建物です

ちょっとお邪魔してみましたぁ〜美術館の様な入り口です

日本では入手困難な物も多数あるという事でしたが

もちろん 指を加えてキョロキョロしただけ(爆)

円安で、この日のレートはS$80円くらい日本とお値段変わらず

7%のタックスフリーがあってもお得感全く感じられませんです

P8130080

マリーナベイサンズからマーライオン公園まで歩いて行きました

その道中にキラキラでスタイリッシュな橋があります

世界初歩行者専用らせん橋、ヘリックスブリッジ

渦巻きの中にいる様な面白いデザインです

サンズ三景と呼ばれるらしく

その内の一景がヘリックス・ブリッジらのマリーナベイサンズです

P8130074

白い花びらの様なものが向かって左側に見えます

アート・サイエンス・ミュージアム

蓮の花をイメージした斬新な建物です

P8130088

マーライオン公園に着きました

40分くらいかけて歩きました〜歩くの苦手なume母ですが

夜景が美し過ぎて歩くのも全く苦にならないんです  


P8130100

おおおっ〜昨日に続き2度目のマーライオンちゃんです

こんばんは〜です

お昼のマーライオンちゃんとはまた雰囲気が違って

夜は色白が際立ち 何だか色っぽいですねぇ(笑)

あっ、こちらからのアングルもサンズ三景の一つだそうです

P8130109

右側からのマーライオンちゃんの横顔です

思った程大きく無いのがお解りいただけるかと ^^

シンガポール夜景コレクションを見ていただいたところで。。。

あ〜〜〜そろそろ水分補給しなくちゃ〜です

ホテルに帰ります 朝ご飯を頂いたRiseで遅い夕食を

この時点で午後11時

まずはシュワ、シュワ〜〜っと グビグビ〜っと

P8130166

「カーッツ!!」

ume母は唇にいっぱい泡つけてます

ではではこの辺でドロン〜〜させていただきまする ^^

今日もkoumeのブログにお立ち寄りくださりありがとうございました

| | コメント (2)

セントーサ島 USS〜シンガポール旅行その2

8月13日 シンガポール2日目です

この日も雨でした

この所、朝は毎日 雨ばかりだそうです

P8130316

それでは朝食風景です

マリーナベイサンズ1階のラウンジRiseというレストランでの朝食です

内容はビュッフェスタイルで世界各国のお料理が並んでいました

洋食、中華、アジア料理、バリエーションが凄過ぎて圧倒されます

その上、宿泊客が多過ぎてテーブルに案内していただくにも順番待ち

お好きなものをお好きなだけどうぞ〜という事でしょうが、何を

頂いて良いのか分からなくなりそうです

オムレツやラーメン、ローストビーフを目の前で焼いてくれたり

半端ない山積みのパンに山積みのヨーグルト見て回るだけでも

時間が掛かります

あっ、写真ありません(滝汗)

人も多くて余裕も無くて写真どころじゃ無くなるんです

テーブルに戻り食べるまでに疲れちゃいそうです

P8130315_2

「よっこらしょ」

席に着いたume母は今からいただきます〜なのですがモザイク外すと

もう既に疲労困憊の表情なんです(爆)

多国籍のお料理の数々の中からチョイスしたものは結局はume母でも

作れそうな感じ系で収まってしまいました pupupu ^^

ごちそうさまでした〜

その後セントーサ島へ

セントーサ島まではタクシーで20分くらいです

下の写真はセントーサ島地下駐車場

すんごい広さ!!

P8130319

セントーサ島は島ごとアミューズメントなんです

カジノもあります

私達が向かったのはユニバーサルスタジオ・シンガポール

日本未上陸のアトラクションもあるそうです

P8130321

12年ほど前にユニバーサルスタジオ・ジャパンには行った事あります

1度きりでしたけど、あんまり記憶無し

若人カップルでもなけりゃ新婚夫婦でもなく、子供同伴でもなく

中年夫婦2人、しかもテーマパーク系にはノリの悪いであろうume父と

一緒に行ってオモロいのか??

その上、雨という悪条件、自分自身のテンションも上がってきません

不安は拭えないまま園内に・・・

P8130327

んが、周りの雰囲気に飲まれ

なんだかんだ言いながら思いっきり弾けてしまったんです

ロスト・ワールドゾーンではキーホルダーkoumeと一緒に

楽しみました ^^

大口開けたティラノザウルスちゃんに丸呑みされそうな

koumeとume母

P8130379

何処へ行っても喉をシュワシュワさせたい夫婦

ビールもちろん飲んじゃいました

う〜〜ん蒸し暑いシンガポール

ビールが更にうまい!!

Dsc06227

アルコールが体内に入ったら更にume母ノリノリ

調子に乗って赤ちゃん恐竜と、ちゅ〜〜

P8130374

後でume父が教えてくれました

この光景を見ていた外国人観光客のおばさま達が満面の笑みで

ume母を見つめていたそうです

ありがとう〜温かい目線で見守ってくれて。。。

P8130354

そして、そして超〜面白い!!

っと、思わせてくれた一番の切っ掛けは

「トランスフォーマー・ザ・ライド」

P8130355

本当に楽しい!!

3D特殊効果で迫力満点

今にもスクリーンから飛び出してきそうなこの下の画像の黄色い

主役ロボット

視線を合わせてくれてume母に話しかけてくれるんです

一緒に戦い、空を飛び回りました

っと、どうやら3D効果でストーリーにどっぷり入り込んでしまい

大興奮のume母であります

P8130351

「ume母ったら、お〜〜い何処まで弾けるんだぁ」

「ume父を置いてけぼりにしないで〜」

と言わんばかりにしらけたume父を想像されているかと・・・

んが、ume父も同じくヒーローと一緒に悪役をやっつけた

満足感でいっぱいです

最後にはストリートダンスショーにまで参加する始末!!!

もう帰ろうか〜なんてぶらりとしていたら

丁度、始まったばかりのストリートダンスショーを見つけ

何気に立ち止まった途端ダンスユニット5人組の人から

いきなり声をかけられるume父

「you dancing?」

返事もしていないのに 肘をつかまれ、あれよあれよと

ステージに引き込まれ一緒に踊らされる羽目に (汗)

Dsc06243

超〜恥ずかしそうではあったものの

満更でもない様子のume父です

沢山の見物客の中から選ばれたんだぁ〜という気持ちであったに

違いありません

Dsc06236

ume父の他に外国人のロボットダンス好き少年と青年が

ユニットのリーダーから英語で名前と何処から来たかと聞かれ

じゃぱ〜ん

と嬉しそうに答えていたume父です

超〜ウケるぅ〜 pupupu^^

ダンス好きで自称ダンサーになりたかったume父

シンガポールでダンス披露でき更に思い出深い旅行となりました(爆) 

P8130413

ユニバーサルスタジオ・シンガポールを後に

マーライオンのお父さんに会いにいきました

お父さんマーライオンの頭に上がる事も出来ます

島内が一望出来る絶景のスポットらしいのですが雨は止んだものの

まだまだ曇っていたので断念しました

その後 水族館 シー・アクアリウムへ

ume母は別段興味無しでしたがume父が行ってみたいと言うので・・

「御意ぃ」〜〜って事で

まぁ〜旅行させてくれたume父に感謝の意を込めて付き合う事に

ギネスブックも認めた世界最大の水族館だそうです

Dsc06266

上の写真はコーラル・ガーデン高さ8m直径7mの水槽だそうです

珊瑚やカラフルなお魚がいっぱいです

そして、くらげが綺麗でした

涼しくて気持ちよかったぁ〜  ^^

Dsc06275

あっ、、お昼食べるの忘れてるぅ〜 

ビールしか飲んでなかった(汗)

帰り際に遅いお昼ご飯ですがセントーサ島内の

「DIN  TAI  FUNG」 という中華料理屋さんへ

P8130001

ここに来ても取り敢えずビール

やっぱりタイガービールでしょ

Dsc06281

この度もkoumeのブログにお立ち寄り頂きありがとうございました

長々と失礼しました

ではでは今日はこの辺にて。。。

夜の部へ続く〜〜♪

| | コメント (6)

マーライオンちゃん初めまして!!シンガポール旅行その1

お久しぶりですぅ

毎日毎日ホンマに暑いです

そんな暑い中ume家の夏休みは更に暑いであろう赤道直下

ライオンの町へ行って参りました

P8110040

8月11日 関西空港23時30分シンガポールエアラインにて

深夜便での出発です

シンガポールエアラインは総合満足度ランキングで2年連続

堂々の1位だと聞いていました

なので道中がちょぴり楽しみだったんです

もちろんサービスについては文句無しなのですが

ただ機内が超〜超〜寒過ぎなんです!!!

国際線が寒いのは大体の予想はしていましたので冷房対策は充分

していたつもりでした

サンダルで搭乗しましたがユニクロのヒートテックソックスを

バックに忍ばせ、ガーディガンも着込んでました

離陸するなりキャビンアテンダントさんからソックスを手渡され

既に毛布も全席に用意されていました

最初の飲み物サービスの時までは寒さもそうでも無かったんです

その後、深夜便ということで照明が落とされ機内は就寝モードに

そこからが寒さとの戦いとなりました

ソックス2枚重ね、毛布は肩から包んでの戦闘態勢で挑みました

ume母の体感温度は20℃以下だと思われます15℃くらい?

「寒い」とCAさんに申し出る乗客は誰一人居ないようでして

我慢強いume母 いやっ、もとい小心者のume母が先頭を切って

寒いなどと申し出る勇気は毛頭なく・・・

ソックスを渡された時点で郷に入れば郷に従えと言う事だったの

でしょうか。。。

さてさて長い前置きでしたがそんなこんなで到着しました〜

シンガポール  チャンギ国際空港

Dsc06040

やっっぱココも寒い〜しかし想定内です(汗)

くどいってか(笑)

シンガポールに行ってみたいと思ったきっかけとなったのが

この日から3日間お泊まりするホテル「マリーナベイサンズ」

今、大人気ホテルのこちら ミーハーと呼ばれようとも

とにかくこちらのホテルのプールで泳ぎたい!!

プールからの夜景が見てみたい!!

という訳なんです

Img_0074

1階ロビーです

チェックインは15時からですが、到着が早朝でしたので

荷物だけ預かってもらいます

宿泊が決まっているので、憧れのプールチケットがもらえました

生憎の雨でしたが57階天空の屋上プールへちょっくら下見です

うんうん、想像通りやっぱり素敵過ぎです

ソフトバンクCMでおなじみのスマップが歩いていたのがこちら

うししぃ〜ume母も歩いちゃいました

真ん中にカーディガン着たのがume母

屋外だけど寒さの余韻でまだまだカーディガンが脱げません(汗)

P8120065

ではでは市内観光へ繰り出します

おぉ〜マーライオンちゃんです

初めましてです

バックにはマリーナベイサンズ

P8120107

んん??

何でだろぅ?初めましてとは思えない

あっ、、そうだぁ〜

去年koumeが軟口蓋手術後に流動食が喉に触り食べた直後に

リバースしていた光景が思い浮かびました

食後は直ちに赤ちゃんのように抱っこし背中を擦ってやるも

直立不動のまま滝のようにリバースしていた姿がマーライオン

ちゃんとそっくりでその当時もリバースするkoumeを見ては

涙していたume母です

そしてマーライオンの如く食べたものを戻すと例えていたのを

思い出しました

P8120108

koume今ではすっかり良くなり良かったねぇ〜

っと、マーライオンちゃんの吐くお水を受け止めようとする

ume母です

んが、ズレてる(爆)

P8120119

こちらは子供マーライオンちゃん

お水を吐いていたのはお母さんマーライオンちゃんです

マーライオン公園を後にトライショー(人力車)体験!!

バスでは回りきれない細い路地まで観光が出来るんです

P8120169

これ、ほんとに楽しかった〜

自転車を漕ぐガイドのおじさんがとにかく陽気で楽しい

普通に一般道を堂々と走り抜けます

Dsc06144

アラブストリートです

あと、インド人街、オカマ通り、泥棒市場などなど

案内してくれます

Dsc06135

走っている時に音楽ノリノリのおじさんもいました

おじさん達は日本語じゃもちろんありませんがとにかく雰囲気で

楽しめます

Dsc06147

あっ、これどこかわかりませんが

チャイナタウンかな?

Dsc06153

喉が渇いたのでブドウジュースを飲みました

P8120134

リトルインディアです

上の画像は スリ・ヴィーラマカリアマン寺院だそうです

P8120136

このストリートは多分セラングーン・ロード

スリ・ヴィーラマカリアマン寺院の横のストリート

P8120193

これも何処やったかわかりません

P8120189

シンガポールはイギリスやアジア諸国の多様な文化が存在すると

聞いていました

東洋と西洋の魅力が織り混ざる町並みが不思議な感じです

まっ、いくつもの異国を見る事ができました

お昼ご飯は屋台へ

ホーカーセンターと言うらしいんです

シンガポール政府が衛生面を考慮して作ったらしいので安心です
P8120155

チョイスはエビラーメン

あっさり味で普通に美味しい〜かな?

Dsc06127

そして、そして私達夫婦には欠かせないビール

シンガポールと言えばもちろん「タイガービール」

P8120160

ume母ぐびぐび〜〜〜

う〜〜〜ん タイガービール んっまい!!

P8120196

伝統的最高級ラッフルズホテルも観光の名所です

Dsc06156

シンガポールスリングのカクテルの生みの親は同ホテルの

バーテンダーさんらしいです

シンガポール流のお茶会

アフタヌーンティーやハイティーンもこちらで楽しみたい〜

しかしume父は全く興味無しらしいので断念です

そろそろ夕刻になりました

ではでは念願の57階インフィニティープールへ

P8120248

本日2度目のプールです

ホテルチェックイン後なので今度は本格的に水着の着用です

いやぁ〜水着だなんてとってもお恥ずかしいのですが

そんな事言ってられません

P8120225

ume父ジャクジーで身体を温めます

かなり気持ちよいです

P8120240

手前に見えますのがume母です

地上200mの眺めはやっぱりすごいし、迫力あり〜

ume母両手を上げて興奮気味です

P8120249

世界で一番高い所にあるプールでサンセットを待つume父です

P8120252

未だかなぁ〜のume父

おおおっ〜〜落ちそうだよぉ〜

P8120280

サンセットからだんだんと夜景に近づいてきました

P8120281

天空からの夜景が見たい方々がどんどん増えてきました

やっぱりみんな天空のプールから夜景が見たいんですよね

夕食の予約時間が近づいてきました

向かった先はカジノのある複合施設

ザ・ショップズ・アット・マリーナ・ベイサンズ内の

HIDE YAMAMOTO」和食ダイニングへ

Dsc06165

鉄板焼きのお部屋をチョイス

もち、、ビールから〜〜

値段も確認せず飲んでおりましたが 16S$(1,260円)だと

気付いてから何だか計算しながら飲んじゃって酔えない〜(爆)

もう〜〜(恥)

Dsc06179

シンガポールに居ながら和牛をいただく。。。

和牛やっぱり美味しいわぁ ^^

Dsc06177

日本人スタッフさんが担当くださり会話は盛り上がりました

とっても美味しいし、シャレた店内は雰囲気ありあり〜〜

んが、お酒が高い〜 クドいってかっ(爆)

P8120301

カジノを上から見下ろしながらホテルのお部屋へ帰ります

あっ、、カジノやってません

28階シティービューのお部屋で夜景の美しさは何とも言えない〜

んが、ゆっくり楽しむ事も無く気を失うume 母と父なのです

まぁ〜ドタバタのシンガポール1日目でした

長々お付き合いくださりありがとうございました

この度もkoumeのブログにお立ち寄りくださりありがとうです

ではではこの辺で。。。

| | コメント (6)

マイケルジャクソン&シルクドゥソレイユ

6月9日 日曜日 ume父がこんなことを言い出しました

「やっぱりダンサーになりたかった」

・・・・・

うん!!知ってるぅ。。。

結婚前から事ある度に聞かされていましたし

ダンス系の番組があったなら一緒に必ず踊ってましたから^^

しかし9日の夕方には真剣な眼差しで語り出したんです

実は9日(日曜日)大阪城ホールでこの様なショーを観て来ました

Dsc05669

マイケル・ジャクソン ザ・イモータル  シルクドゥソレイユ

大阪公演へ行ってきました!!

Dsc05674

ダイハツプレゼンツだそう

だから会場前にはマイケルがペイントされた車両が展示されてました

Dsc05684

会場は沢山の人の数

マイケルダンスと世界を代表するエンターテイメント集団

シルクドゥソレイユとの融合とあり

お客さんの層は色々

外国人の方から老若男女でいっぱいです

Dsc05687

ダンスとアクロバティックパフォーマンスと映像との組み合わせには

唸らされました

かっこいい!!

素晴らしい&楽しい&思わず踊りたくなった ^^

 

友達家族と6人で楽しんで来ました

感動の後は美味しいもので腹ごしらえです

夕食中もショーの話で持ち切り〜お酒が入って更に盛り上がり

ショーのダンスを真似して踊りだすume父です

あっ、個室だったから ^^

お友達家族のお姉ちゃん(女子中学生)そして弟君(小学生)に馬鹿ウケ!!

そしたら、また例のアレを言い出します

「おっちゃんはなぁ〜ほんまはダンサーになりたかった」

ハイハイ。。。

さてさてマイケルはもちろん観に行けなかった昨晩のkoumeです

Dsc05692

ストレス発散のいつものやつ

穴掘り!!

綿毛布に顔を埋め前足でゴリゴリ&ゴリゴリ

Dsc05699

ひっくり返って更にゴリゴリ

そして頭を擦り付けては

うぅ〜〜pig

Dsc05703

私とbambooo は家でお留守番でしたpig

Dsc05704

あっ、ume母だって今度生まれ変わるならダンサーに

なりたいって思ったんでしょpig

うふふっ。。

実はねっ

ショーの中にセクシーお姉さんのポールダンスが

カッコよくて凄かったんです!!

ではではこの辺で。。。

今日もkoumeのブログにお立ち寄りいただきありがとうございました

※動画はYou Tubeオフィシャルチャンネルよりお借りしました。

| | コメント (2)

別府~九州旅行⑤もう帰ります

湯布院で迎えた朝は土砂降り状態

由布岳も行ってみたいし、どうする~何するぅ~

と、昨晩は色々思案していましたが当然断念しました

帰りは別府港から船に乗るので取り合えず別府へ向かうことに

別府へ近付くにつれ霧?

到る所に湯煙も。。。

旅館を出るときに何処かお勧めはないか尋ねるてみた所

「雨でも楽しめるうみたまごがお勧め」

だとの事

イルカにも触れられるしお年寄りから子供まで楽しめる

超人気スポットなのだとか

「志村どうぶつ園とかに出てるんです、え??知らないですか」

っと、逆に聞かれました

「その近くには海地獄もあります」

とのこと、ではでは先に海地獄に行くとしましょうか

Dsc03491

雨も少し小降りになってきました

コバルトブルーの池が見えます

涼しげな爽やかカラーをしていますが

なんと98℃もあるんですって

赤池地獄もありました

亜熱帯性の大鬼蓮 海地獄の源泉で池の温度を上げてるから

枯れないんですって 

地獄蒸し焼きプリンもちろんべましたよぉ~

う~~~ん甘い 濃厚です

Img_4635Img_4631
Img_4627Img_4646

海地獄を後にうみたまご

うみたまごはもう直ぐそこに見えているのに駐車場は満車で

なかなか辿り着けない

駐車場の広さはとんでもなく広いのに・・・

恐るべしうみたまご本当に人気スポットなんだ

やっと駐車場に停車し入場したのに

お目当てのイルカのスプラッシュタイムショーは2時間後

その間、園内をプラプラ

しかし人人人で水族館へ行こうとするも階段を降りかけ

水槽らしきものが見えましたが真っ直ぐには歩けないし

とにかくちゃんと見えない、何だか疲れた

もう帰ろうってume父、ume母の意見は一致

何しに来たのやら・・・

滞在時間はお恥ずかしくて言えないわぁ

トドを見たくらいかなぁ。。。

あっっつ、トド見て何だかbambooo思い出しちゃった

余計早く帰ろうって思いました

ちょっと似ているかも。。。

Dsc_2777_2Img_4655

そうそう、阿蘇の大観峰でこんな光景見ちゃいましたぁ

この時もkoumeを思い出したんです

おやつ貰う時は本当にお利口なんです

この柴犬わんちゃんはおやつもらう時以外も飼い主さんに

忠実でお利口だった

とっても微笑ましい光景でした

Dsc_2666

お天気には恵まれなかった九州旅行ですがume父が一番

行きたかった高千穂峡にも行けて美味しい物も食べ、飲んで

思い出になりましたぁ~

さてさてkoumeとbamboooですがお留守番も案外お利口に

出来たみたいです

これは旅行から帰ってきてからのkoumeとbamboooです

洗濯ばさみをおもちゃにして遊んでいます

何時もならume母の こらぁ~~!!が

しかし、何だかこの時ばかりは怒れませんでした

Dsc03554Dsc03535

ume母をちらっと見るkoume

横目線が寂しかったよぉ~~って物語っているよう

Dsc03557

どこいっとたんpig

Dsc03569

bamboooは至って普段と変わらず

異母姉妹 性格は全く違う 白と黒

Dsc03565Dsc03573

洗濯ばさみはボロボロになったけど

暫くは甘やかせちゃった

ではではこの辺で。。。

|

湯布院温泉お宿夜編〜九州④

お宿はこんな感じ

京風懐石数寄屋造りの宿です

Img_4521Img_4527
Img_4578Img_4529Dsc03476Dsc03439

お部屋はこんな感じ

離れのお部屋でした

九州だけでなく全国を代表する人気の温泉地の湯布院温泉

由布山麓からわき出る温泉は、アルカリ度が高くて柔らかい肌触りで

別府、草津に次ぎ全国で3番目の湯量を誇るだけあって

湯布院のお湯はほんとうに良かったぁ。。。

Dsc03433Dsc03431 Img_4574Img_4575

夕ご飯はこんな感じ

地ビール飲んじゃいました

ビール大好き人間はお出かけすると各地で見つけた地ビールは

必ず飲んじゃいます

カッコ良く言っちゃうと各地でビールのテイスティングは毎度の事

今回は2つのビールの味を楽しみました

ひとつ目は「由布の森」

フルーティでコクがあるヴァイツンスタイル

金箔や白金使用の酵母入りクラフトビール

もうひとつは「油屋熊八麦酒」

日本で初めてビール酵母が生きたまま腸内まで届く特許を取得

しているらしく、美味しさだけではなく、殺菌効果作用や

美肌効果もある、身体に優しい元気の出るビールなんだとか

Img_4600Dsc03449Img_4585
Img_4591Dsc03469Img_4607

湯布院では豊後牛をいただきましたぁ

石の上で焼いて食べるんです

Img_4587Img_4598
Img_4608Img_4612

ume父は最近では痛風を気にしているので途中からは冷酒を

なんだかんだでこの日も飲んで食べて呑んで呑んでの夜でした

ではではこの辺で。。

|

阿蘇&湯布院〜九州③

九州旅行2日目は 宮崎県は高千穂を後に阿蘇へ

晴れていたのは早朝だけで、阿蘇へ近づくにつれ雲行きが・・・

6月からの集中豪雨で多くの被害が出た阿蘇周辺

修復はまだまだ手付かずのようで 爪あとが残っています

Dsc03420

楽しみにしていた草千里

霧で全く見えません

その上、雨が降り出しました 

Img_4461

阿蘇山頂まで到着しましたが 

やっぱり、雨は降ったり止んだり

せっかくここまで来たのだから少々の雨でもロープーウェイに

乗ろうと勢い込んでおりましたがチケット売り場の係りの方に

「上に登っても全く何にも見えませんが宜しいですか」

と聞かれ断念しました

残念・・・

Dsc_2672

大観峰に到着した時は少しだけ晴れ間も見れました

Img_4500

阿蘇を後に湯布院へ

金鱗湖です

Dsc_2685

昔し竜が住んでいたという伝説の残る金鱗湖

冬場は気温差がある為、湖底から温泉が湧き出している湖なので

幻想的な風景が見られるそうです

しかし今回は夏のお昼過ぎ、普通の池???でした(汗)

霧のベールに包まれる冬の早朝に来てみたかったなぁ

ではでは 湯の坪街道へ

Dsc_2749_2Dsc_2701Dsc_2707Dsc_2716Dsc_2751_2

しゃれた雑貨屋さんやレストランから大分の特産品を販売してる土産物店

ご当地グルメがいただける飲食店などが軒を連ねています

Dsc_2743_2Dsc_2738_2Dsc_2754
Dsc_2750Dsc_2694Img_4556Img_4560Img_4563Img_4564

多くの観光客の方々で賑わっていました

っと 私は感じたのですが

後で旅館の仲居さんが仰っていましたが6月からの集中豪雨で

普段の湯布院とは全く違うらしく何時もの美しさがないのだとか

観光客の方々少ないようです

いつもは凄まじい程の観光客の方々で賑わってたらしいとか

早く元通りの湯布院になると良いですね

Img_4562Dsc_2753

ではではこの辺で

|

高千穂夜編〜九州旅行②

高千穂峡での階段含む往復2キロの歩きでクタクタになり

服も体も汗と雨でびっしょりベトベト

その上お宿へ到着しても未だ尚、息が荒い私達

日頃の運動不足が祟ります

お宿はこんな感じ

Dsc03401Dsc03328Dsc03327
Dsc03329Dsc03330

次はお部屋です

こんな感じ

Dsc03299Dsc03289
Img_4353Img_4348
Img_4350Dsc03283

午後3時半にチェックインしその後、高千穂を散策しようと

計画していました

仲居さんの説明を聞いた後 即座にume母はお部屋風呂に入り

リフレッシュしたと同時に夕食の時間まで気を失ってしまったんです(爆)

運転も全くしてなくて、険しい道中やら、夜中の高速の運転も

全て ume父任せなのにどうしたもんでしょうか....

ume父曰く、

「僕が気を失うのであれば納得もいく」

ごもっともでごじゃります・・・

夕食はこんな感じ

Img_4359Img_4374
Dsc03303Dsc03311
Dsc03320Dsc03324Dsc03344Img_4381Img_4386Img_4361Img_4373Img_4378

高千穂牛のステーキの美味しさには感動しました

全てにおいて綺麗なお料理でした

夕食後に仲居さんからお勧めいただいた

高千穂夜神楽(たかちほのよかぐら)を見に行く事に

旅館の方が高千穂神社まで送迎してくださるんです

町をあげて観光を盛り上げてるんだなぁ。。。

と、感心しました

Img_4404

前日は300人以上の見物客がいらっしゃったとか

お盆中は2回公演らしいです

~以下 ようこそ宮崎県からの引用です~

高千穂地方に伝承されている神楽は、天照大神が天岩戸に

隠れた折に岩戸の前で天鈿女命(あめのうずめのみこと)が

面白く可笑しく舞い踊ったのが起源とされ、古来高千穂の人々の

先祖は長い間、高千穂神社を中心にこの神楽を伝承して

今日に及んでいます

Img_4434

そしてこの夜のメインイベント!!

高千穂峡 真名井の滝ライトアップです

7月16日~9月2日 日没~22時までの期間限定

こちらは高千穂峡に行こうって思ったときから計画してました

タクシーで送り迎えして頂きました

Img_4443

遊歩道は滝見ポイントまで仮設の明かりがあります

わくわく感も増してきました

わぉ~出たぁ~

とっても神秘的

Img_4447  

次の日は阿蘇へ向かいます

ではでは この辺にて。。。

| | コメント (2)