« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月に作成された記事

オゾン療法〜koumeの春遠し

先週の花教室の花題はチューリップアレンジでした

先生が仰っていましたが花屋さんの店頭では2月頃に色々な品種

更に色とりどりのチューリップが店頭を飾るそうです

P2120310

水仙も仲間入りして一足早い春の訪れを感じるアレンジになりました

早速koumeにも春を感じてもらいます

P2120341

bamboooにも〜

P2120356

八重咲きチューリップが華やかです

P2120325

チューリップで春を感じたのも束の間です

アレルギー治療中のkoumeにとっての春はまだまだ遠いようです

昨日はその治療日でした

前回のブログで「アトピカ」投薬治療に断念したのを書きました

今度お勧めいただいたのが

「オゾン療法」

1ヶ月目は週2回(月8回)治療を受けます

オゾン療法の推奨される疾患の一つに

皮膚疾患、アレルギー疾患、自己免疫疾患、腫瘍、各種感染症

などなど

Dsc_5486

犬猫の治療では「注腸法」といって肛門からオゾンガスを入れます


Dsc_5497

pusuri …

うっ・・・入っちゃったpig

人では血液クレンジングとして認知されはじめているそうです

美容、アンチエイジングなどで注目されているらしいとか・・・

ume母だって試してみたいくらいです

この機械がオゾン発生器です

(画像はメーカーさんのサイトからお借りしました)

オゾン発生器、オゾン療法,オゾン治療 TK20

挿入前のカテーテルにはキシロカインゼリーが塗布されていました

Dsc_5488

オゾン挿入中ですがkoumeも全く嫌がりません

Dsc_5499

終わっちゃったpig

注入終了です

koume のほっ。。。っとした表情が写真から解ります

今回で7回終了しましたが

悲しい事に劇的な効果は今の所表れていません・・・

腸の調子は良くなったように思われます

8回の治療が終了すれば次回からは月に7回の予定です

皮膚が良くならなかったとしても少しでもkoumeが長生きできるなら・・・

そう思って治療はもう少し続けてやろうと思っています

しかし、今週末の8回目で劇的に改善する事を祈っています

だって・・・

ペット保険対象外なんだもん(汗)

ではではこの辺で

| | コメント (6)

koumeアレルギーと戦う

颯爽に歩くkoumeです

写真はちょうど1ヶ月前の1月12日のものです

P1120279

bamboooもとっても気持ち良さそう

P1120281

寒くても青い空が気持ちいいです

P1120296

ところでkoumeは一段とアレルギーが酷くなって

遠目には分かりませんが足の内側、肉球の周り、足指の間

そして、お腹、顔の周りは痒くて、痒くて真っ赤かなんです

足舐めは酷くなる一方です

夜中はkoumeの足舐めの ペロペロがうるさくて耳に障り

私達も眠れません

もちろん本人が一番辛いのでしょうけど

下の写真は足で顔を掻く際に眼球に当たり傷を付けてしまい

痛くて右目が開けられなくなってしまったのです

ウインクしてるんじゃあ無いのですよpig

P1120261

ヒスタミン剤は数年前から飲ませていますが一向に効きません

実は、昨年冬からこのような薬を飲ませています

いえ、今となっては過去形で飲ませていたと言うのが正しいです

「アトピカ50mg」

アトピカはシクロスポリンを有効成分とする免疫抑制剤で

スイス・ノバルティスアニマルヘルス社で開発された

犬用 難治性アトピー性皮膚炎の薬です

P2050305

獣医の先生によるとステロイドのように重大な副作用は無いのだそうです

しかし、吐き気を催すらしいので食事1時間前に吐き止めの胃薬を

毎回飲ませます

何分、高価な薬で1日1錠飲ませますが1錠750円だそうです

1ヶ月間は毎日、その後は1日おきだそうです

先生のご好意でメーカーにモニター申請くださり1ヶ月間のみ無料で

試させていただく事になりました

あっ、申請時にはどれだけ病状が酷いのか患部あちらこちらの写真が

必要となりました

もちろん申請受理です

ヤッター

それって逆に嬉しくない事なんだけど・・・(涙)

P2050304

アトピカ開始3日目で少し良くなったか?

週に2回は獣医師さんに経過観察していただきます

患部の赤みも引いて夜中の足舐めが少し減った?

何だか効いてる〜〜(嬉)

しかし、1週間を過ぎた頃からか効果の程が僅かにも感じられません

その上、とにかくこの薬飲ませにくいのです

何たって2cmもあるのですから!!

人間でも喉を詰まらせそうです

そして、吐き止めを飲ませているにもかかわらず時々ご飯をリバースします

そして、そして、うんPがかなりの軟便になり・・・

そんなこんなで1ヶ月のモニター期間内(約3週間)で断念しました

あっその後、今現在進行中の治療があるんです

またブログで紹介させていただきますね

ではではこの辺で。。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »