« 今日この頃 | トップページ | 高千穂夜編〜九州旅行② »

九州旅行①〜高千穂編

ume家のお盆休みは格別な予定もありませんでしたが

koumeとbamboooのお守りを申し出てくれた方々が

いましたものですからume父とume母で旅行に行こう!!

と言う事になりました

お休み突入の3日前に急浮上した旅行話でして

さてさて何処へ行こうか?

梅&竹には申し訳ないけどワンコ抜き旅行なんだから

そうだ、海外だぁ~~

3、4日間くらいで行けるアジアを真っ先に検討しましたが

ツアー申し込みも当然ながら締め切っていて

そんな中ume父が宮崎県「高千穂峡」に行ってみたい

と言い出しました

それなら一度、九州新幹線に乗ってみたい

しかしながら、もちろん予約の空きはある訳が無く

やっぱり車で行くっきゃない(涙)

って、ume母は何時もながら助手席でアホ面して寝てるだけなんだけど^^

Dsc03183

行き先が決まったならとにかくお宿を!!

更なるume母の執りつかれたかのようなお宿探しが始まり

執念で探し出しました

ではでは、九州に向けて出発

12日は午前零時過ぎに自宅を出発

愛媛県は八幡浜港に3時半に到着

宇和島運輸フェリーにて5時50分発の大分県は臼杵港へ

8時15分到着~~九州旅行の始まりだぁ~

Img_4263

今回は初めて車ごとフェリーに乗せての旅行

ワープしたみたいで案外九州って近いのねっ

って思っちゃいました

ほんじゃあ~大分県臼杵から、高千穂峡へナビをセット

道中「原尻の滝」という標識を見つけました

滝好きのume父は折角だからと寄り道したいと言い出し

原尻の滝へナビの変更だぁ~

上の写真は 原尻の滝道の駅です

滝の隣が道の駅になってます 

日本の滝百選に選ばれていて東洋のナイアガラと呼ばれているとか

晴れてたらもっと綺麗なんだろうなぁ~

Img_4237

東洋のナイアガラを後に本命の高千穂峡へ~

寄り道したせいなのか、だんだん険しい道が続き出しました

最初は延岡市経由だったはずだけど、そんな感じじゃなく

とんでも無い険道だゎ・・・

あっ、違った県道 (汗)

大分県の竹田市緒方から宮崎県の高千穂へ至る県道7号線 

いわゆる『険道』として有名なルートだった事が後で判明

出発前は綺麗に洗車してたはずが雨と土でとんでもなくドロドロに

だってこんな道だったんだもん

大分県豊後大野市緒方町から宮崎県西臼杵郡高千穂町に至る

全長54.6km永遠と続くガタガタ山道、気が遠くなりました

超~怖がりのume母は、もしこれが夜なら恐怖と不安で・・・

考えただけで きゃぁぁ~~もぅ絶対無理ダス(恐) 

Dsc03206

そんなこんなで、やっと高千穂峡に辿り着きました

事前に旅館の方に駐車場が混み合っているので一度チェックイン

してからシャトルバスに乗って行った方が歩かなくてお勧めです

と言われていたにも関わらず

どの駐車場も満車で、やっと止められた駐車場は大橋駐車場

そうでなんです、ボート乗り場まで一番遠い駐車場だったのです

Dsc03220

駐車場に止めてから、その他の観光客の方々に訳解らず

ついて行く感じで、こちらも永遠と階段を下りていくんです

どれくらい歩けばume父が目的とする真名井の滝に行けるのか??

曇ってはいますが時々光が差しこみます

とにかく暑い

Dsc03224

階段がキツイ・・・

どれが、写真で見た真名井の滝なのか、予習も無いままなので

キョロキョロしながら人の列の流れのままに歩きます

Dsc03240

そそり立つ断崖が生み出す幻想的な景観がむした苔により更に

神秘的です

 

Dsc03257

途中何度もパラパラ雨が降ったり止んだりの繰り返しで

傘も持って無いので汗と雨で服はべっとり

それよりも気になるのがカメラが濡れちゃった・・・(涙)

しかし、雨もまんざらでもなく

雨に濡れた苔が、より緑が増してほんとうに美しい

Dsc03258

こちら高千穂峡2012年GW4月29日~5月9日雑踏警備の

調査結果15万人の人出だったそうです

す、凄いっ

Dsc03237

国の名勝天然記念物にも指定されているんだそうですよ

Img_4283

高千穂峡は五瀬川が阿蘇の溶岩を浸食して形成したV字形峡谷で

両沿岸が赤味がかった安山岩の絶壁になっているんだそうです

Img_4291

紅葉の時期も更に美しいのだろうなぁ。。。

雨で苔だけじゃなく木々の緑も美しく写ります

Img_4329 でたぁ~~

こ、これが「真名井の滝」なのね

自然の織り成す風景にはただただ圧巻です

マイナスイオンたっぷり、しばし暑さもぶっ飛びました

Img_4307

ボートから見た水面近くの真名井の滝の光景を楽しみにしていた

のですが連日の雨の影響、増水で貸しボートは長期運休中でした

う~~~ん本当に残念です

Dsc03264Dsc03275
Img_4321Img_4324

味噌おにぎりに、おだんご美味しかった

汗だくの体にはビールと行きたいところですが

ノンアルコールで咽を湿らせます

何処に行っても咽をシュワシュワさせたい夫婦なんです

その後ume母はソフトクリームも、いただきました

また咽が渇きそうです

Dsc03218

実はこの高千穂峡周辺ガイドマップの看板も帰りに見つけて

撮ったんです

ええっ、そうだったの?

大橋駐車場から1キロも急勾配の階段を下りたの?

そして、また帰りは登って来たんだ 往復で2キロ??

改めて知ってしまうと ああっ・・・更に疲れた・・・

300m弱の近所のコンビニまで車で行ってる日頃全く歩かない

おばちゃんなのに訳解らんまま頑張っちゃいました

しかし、今から思うと行く道中にも色々な絶景あり

看板に書いてる通り 「歩いてこそ感動」

まさにそう思った次第でございます

高千穂峡素晴らしい 自然って素晴らしい

ではではこの辺にて

次は 高千穂夜の部です^^

|

« 今日この頃 | トップページ | 高千穂夜編〜九州旅行② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日この頃 | トップページ | 高千穂夜編〜九州旅行② »