« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月に作成された記事

偶然と融合

最近、偶然に。。。と言う事が重なっています

偶然の産物と申しますか、融合の偶然と申しますか??

まず1つ目は。。。

何時も美味しい物を紹介してくれる同級生のおばちゃん友達に

美味しい食パンを見つけたので、更に美味しく食べてもらいたくて

季節のフルーツ 桃のジャムを思いつきで作ってみました

Dsc_2514

クックパットなんて見て無いもんですから味見味見で超テキトーな分量で

桃の水っぽい感じが残るので桃3個に対してレモンを1個入れちゃったり

マンゴーのリキュールをキャップ2杯も入れちゃいました

これがマッチしたのか?まあまあの出来ってか、

美味しく出来ちゃったんです

その後、お友達からは 

「桃ジャム美味しい レシピ教えてえ」

ですって ^^うれしイ

桃&レモン&マンゴーリキュールの偶然の産物でした

そうそう、冒頭に申しました偶然の融合技なんです

まっ、素人が偶然美味しくできたモノにレシピだなんて??

そんなの大体2回目は無いもんです (汗)

そして、そして、2つ目

koumeとbamboooにブリブリのプリーツ&リボンのスカートを

買ってやりました

合わせるトップスも考えず、かわいぃぃぃぃ~~~だけで・・・

Dsc_2448

そしたらですね、bamboooのお誕生日プレゼントにいただきました!!

アハッkoumeにまでっ。。。

スカートにぴったりのトップスを ^^

偶然のぴったりマッチ

まるで計算されたかのような組み合わせ

こちらも偶然の融合

Dsc_2456_2

どう?

Dsc_2488

上からも見てね

Dsc03010

あたしイケてる?

Dsc03031

banmoooのアピール4ショット

ではでは、お次はkoumeです

Dsc_2469_2

行き成りバックショット

Dsc02926

フロントからはこんな感じ

Dsc_2480

koumeチョット立って下さい

Dsc_2487

ハイこれでどう?

Dsc03030

koummeのアピール5ショットでした

そして、そしてそして3つ目の偶然

以前から一度は食べてみたかったんだなぁ~有名パティシエ

辻口博啓さんのスイーツ

願いが届いたのか、いただきましたぁ~

和楽《わらすく》

和の食材と洋の食材の融合されたお菓子

「和を以て世界を制す。」ですって カッコイイ

Dsc_2432

ではではこの辺にて ^^

| | コメント (6)

ひまわり

毎日、毎日溶けるように暑いです

例年の事ですが、いや、、、四季を問わず

koumeとbamboooのゲージのある部屋の室温が気になります

2時間置きに見に帰ってるんです

寒いのも、暑いのも苦手な梅&竹姉妹なものですから・・・(汗)

Dsc_2416_2

それだけ気になって仕方ない存在の梅&竹

なのに、早朝散歩に連れて行ってやる訳でもなく

夜連れて行ってやる訳でもなく

とてもとても、大切に思っている割には ピントがずれてるんだわw

時々あ~~落ち込むわぁ・・・

Dsc_2417_2

なので、週に1回は絶対にどこかに連れて行ってやりたい

車に乗せてやるだけでも本当に嬉しそうなんです

bamboooは暑くても嬉しくて嬉しくて

Dsc_2420_2

暑いからほんの少しの時間でしたがリフレッシュできたようです

Dsc_2424

koumeは暑くてもクールフェイス 

Img_3952

bamboooはタダでさえハアハア苦しいのに走る走る

Img_3948

ひまわりも暑くて下を向いてます

Dsc_2413_2

ではではこの辺で。。。

| | コメント (4)

花火で祝う♪オリヒメ3歳

ご無沙汰です

気がつけば7月も半ばを過ぎました

実は7月7日の七夕さまでbamboooは3歳になりました

血統書名は「オリヒメ」ちゃん

すっかりレディーになったbambooo

なのに、、お祝いも格別してやらずじまいでした

なので、ここらでどか~~んと一発!!

派手にお祝いしてあげようって事になりました(爆)

Img_3837

Img_3756

Img_3827

Img_3752

200枚くらい闇雲に撮ってみました

1枚や2枚くらいはイケてる写真も撮れるだろうと

高を括っておりましたが、微妙な感じです(汗)

改めて、花火を写真に収めるのって難しい・・・(泣)

Dsc02979

花火でお祝い?私は見てないんですが・・・

っと、微妙な表情のbamboooです

Dsc02977

港まつりの花火って事はバレバレですpig

| | コメント (8)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »