« 出陣 | トップページ | 劇的復活・・・手術その後 »

葛藤・・・手術その時

「koumeですが何か」のブログを始めるにあたり

凄くお気楽なブログにしたいと思ってました

でも、今回は避妊手術を受けさせようと決断するまで、また術後の今でも

凄い葛藤があった、いえ未だに葛藤している胸の内を少しだけ聞いてください・・・

かなり長いですがお付き合い下さいまし

koumeを迎え入れた当初は、絶対に出産させようと強く希望していました

以前から親しい関係の獣医の先生に、それを言ったとたん猛反対を受けました

この犬種は必ずと言って帝王切開になる、命を懸けさせてこの子に出産をさせるのか!

その命を懸けて生んだ子が必ずしも元気に生まれるとは限らないとも・・・

また、仮に元気に生まれて親子で飼うことになり、母娘となった場合はkoumeが

娘を大切に思い何時も遠慮して生きていくようになる・・・

娘は我がままになるばかり、

母、息子の場合は近親関係に・・・

koumeは可愛そうな犬生を送ることに成りがちだと・・・

もう一匹欲しいのであれば違う血の子をとも、、

あくまでもその先生のご意見ではございますが・・・

確かにそうかもと納得しました。。

出産しないのであれば将来病気を予防する為にも避妊をと・・・

麻酔のリスクも考え悩みに悩んだ結果1歳を過ぎた今手術を受けさせた次第なのです

手術は勿論その知り合いの獣医の先生にして頂きました

_dsc7638

これは術後覚醒した時のkoumeです(ume父撮影)

考えられないことかも知れませんが親しい仲でもある先生なので

ume父は手術中、終止立ち会っていたのです

先生から立ち会って行きなさいと仰っていただいたらしいのです・・・

先生の自信の現れだとume父は思ったらしく、また的確な術捌きに

流石!!と、当然ながらびっくりしたみたいです

ume父も素人ではありますがそう感じたらしいのです

麻酔のリスクも最小限に抑えるため本当に少量の麻酔で手術が行われたらしく

ですからこそ短時間で的確スキルが必要なのでしょう約1時間程で終わったのです

しかしです、ここに辿り着くまでにume父の葛藤が・・・

何時も行く病院でありながら手術台にkoumeを乗せた時点で何かを悟ったのか

ブルブルとkoumeが震えだしたらしいのです、その上ume父に助けを求めてもがきだしたらしいのです

また、鎮静剤を打った瞬間koumeの体がぐったり崩れ落ちるのを見た瞬間・・・

実はume母2年前に女性の特有の病気で手術を受けました

その時、全身麻酔から覚醒してICUから出てきたその時のume母の

死をさ迷ったかの表情が脳裏に焼きつき、忘れられない程なんとも言えない衝撃を受け

koumeとume母のその時の表情が重なりume父は込み上げる何かがあったみたいで

「もういいです連れて帰ります」

と、口から何度も出そうになったらしく・・・いやいやここまで来て・・・

これで良いのか?と、自問自答及び葛藤を繰り返したらしいのです

Dsc_1126

自宅に連れて帰ってきた直後のkoume・・・

まだまだ麻酔が効いている状態、朦朧としています

Dsc_1127_2

時折胃液を戻します

Dsc_1130Dsc_1128

手術は見事な腕捌きで無事終え、案ずるより生むが易しで終了しましたが・・・

今度は術後です。。。

私自身2年前に全身麻酔の辛さを経験しており、麻酔覚醒後その何とも言えない

感覚、それは味わった者でないと解からない感覚と辛さです

これをkoumeが今感じて、味わってるのかと思うと涙が溢れてきました

その上、開腹手術です何ヶ月にも渡り傷口が痛く寝返りをうつにも

痛みで熟睡できない日々でした・・・

犬も人間と同じ痛みを味わうのであれば・・・

経験しているだけにkoumeが可愛そうと思うばかりです

Dsc_1138Dsc_1141Dsc_1135Dsc_1140

ぐったりするkoume

ume父が頑張ったね。。。ってなでなでしてます

長々と書きましたがお付き合いくださって申し訳ございません

最後に・・・

終わってしまった事に物凄く後ろ向きなume母です

(が、これは昨日、術後直ぐにアップしようと思っていたブログです)

しかし、koumeが元気に回復した時には良かったと言える事と思います

次回は回復しつつある元気なkoumeをお見せします

ではでは~~

フレンチブルドッグひろば

|

« 出陣 | トップページ | 劇的復活・・・手術その後 »

コメント

うん。うん。

よお~~頑張ったなぁぁぁcryingcrying

投稿: rururira | 2008年10月 5日 (日) 19時14分

こうめちゃん★かなりつらそうですねぇ~(*_*;
胃液まで吐くなんて!!
何か読ませていただくうちに涙がでてきました(;O;)
手術を決意するまでに、いろんな気持ちと戦って

決意されたのが、すごくよく分かりました(T_T)

こうめちゃんママさんは、大病されていたのですねぇ~!!
女性特有の病気と聞いてハッとしました・・・(+o+)
とんちゃんの周りにも、手術をしてかなりつらい経験をした人がいます!!
それで、いろんなことをあきらめなければいけないと決断をした時、
かなりつらく落ち込み、一緒に励ましながら今まで、
がんばってきた人達を見ています☆
なので、こうめちゃんママさんのお気持ちはすごく理解できます!!

もしかして・・・!!
とんちゃんの今までの言葉に知らず知らず無意識に、
傷つけてしまっているかもしれない!!
そぅ~感じました(;O;)もしそうだとしたら、
この場をお借りしてお詫びいたします((+_+))

早く元気なこうめちゃんに会いたいなぁ~♪♪

投稿: とんちゃん | 2008年10月 5日 (日) 20時12分

こうめちゃん、よく頑張ったね。
最近PC開く回数が減りこんなに早く、手術を受けるとは知らなかったので正直驚きました。
私も、悩んで悩んで手術を決めたのでkayoyoさんの気持ちが分かります・・・
kayoyoさんが大きな病気をされていたとは・・・
今は、体調大丈夫ですか?
kayoyoさん自身が大きな病気を経験されている分、よけいにこうめちゃんの手術が心配ですよね。
こうめちゃん回復に向かって頑張ってくれますよ!

パパさん、付き添って見守ってあげることができたんですね。 複雑な心境でしょう・・・
こうめちゃん目が覚めたときパパさんが目の前にいてくれて安心出来たと思いますよ。 お家と違ってこうめちゃんも不安でしょうから。

早く、元気になるといいですね。元気なこうめちゃんを待っていますね。
そして、kayoyoさん&パパさんも元気出して下さいね。

投稿: ぐりた~ん | 2008年10月 5日 (日) 20時59分

koume様よく頑張りましたね。

ume父、ume母もお疲れ様でした。

各々でそれぞれ葛藤があったんですね。

術後の姿を見ると、何とも言葉に詰まりますが、結果として良い方向に向かうのですから。

これからも今まで以上に愛情を注いでやってください。

ほんと、お疲れさまでした。

投稿: すらいむ | 2008年10月 5日 (日) 21時17分

★rururiraさ~ん!!

こんばんはhappy01

今は順調に回復しています~~
犬の避妊ごときで大袈裟なkayoyoですsweat01
でも手術の朝電話くれてありがとねm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 5日 (日) 22時11分

★とんちゃんさ~ん!!

こんばんはhappy01

麻酔の後は吐くらしいです
順調に回復しつつあります
ご心配頂きましてありがとうどざいます

あ~~とんちゃんさん、こちらこそご免なさい
ちょっと大袈裟になりましたcoldsweats01
私も元気ですよ^^

えっ!!とんちゃんが知らない間に傷つけている??
とんでもないですよ!!全く無いですよ!!
そんな気持ちにさせてしまった私こそご免なさいです
暖かいコメントありがとうですm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 5日 (日) 22時31分

★ぐりた~んさ~ん!!

こんばんはhappy01

犬は回復力が凄いのでしょうかどんどん回復してます
手術を受けてよかったと思える事と思います^^

あ~~私はすっかり大丈夫ですwink
私の事まで心配いただき心からありがとうございます

暖かいコメントをいただき重ね重ねありがとうですm(__)m
ちょっと大袈裟になってしまったようで逆に
申し訳ないっす!!(>_<)

ではでは~~ 

投稿: kayoyo | 2008年10月 5日 (日) 22時41分

★すらいむ さ~ん!!

こんばんはhappy01

はい、ありがとうございます
頑張りましたし、経験豊かな先生で良かったです

犬ごときで、大袈裟かと思われるかもしれませんが
結構悩んで・・・
なんだかお恥ずかしい限りですcoldsweats01

暖かいコメントほんとうにありがとうございましたm(__)m


投稿: kayoyo | 2008年10月 5日 (日) 22時50分

こうめちゃん、頑張りましたね!!
私もコメントにしては長文で失礼しますねbearing

術前の葛藤というか、道徳的な感情というか...は、私もありましたよ!
特に前日。
避妊手術について、
こうめちゃんの先生が仰るようなことは十分理解した上で決定したことですし、
掛かり付けの先生には絶大な信頼を置いていましたが、
やっぱり本人の意思とは関係なくお腹を切ってしまうことが
とてもいけないことのような気がして。
何も知らないのわを見ると余計辛くなってしまいましたthink

術後、病院では覚醒時に吐いたり、うんこを漏らしたりしたらしく、
帰宅後も黄色い胃液を吐いたり、ぐったりしていたりで、
本当はこのまま死んでしまうんではないかとオロオロしてしまい、
夜に先生の携帯を鳴らしてしまったくらいですcoldsweats01
(ちなみに嘔吐は先生の指示でお水を飲まさなければおさまりました。)

kayoyoさん自身の経験がとても辛いものだったからこそ、
こうめちゃんの痛みも感じ取ってしまったのかもしれませんね。
でも手術も成功したんだし、大丈夫ですsign03
3日もすれば、いつものこうめちゃんに戻りますよgood

今回のこの手術はume父とkayoyoさん、
そしてお二人が愛するこうめちゃんとの
絆が深まる出来事だったのではないでしょうかshine
今後もこうめちゃんのブログ、楽しみにしてますよnote

投稿: Red | 2008年10月 5日 (日) 23時07分

koumeさん、お疲れ様でした。
ウチが手術をする時でも、かなり心配し迎えに行くまでの間、携帯が鳴ると二人でびくっとしたものでした。
無事に引き取った時には、涙が出そうになりましたもの。
その後、患部が腫れてしまったり歩かなかったりで、痛いのかとか心配して病院に行ったら先生が「男の子は、大して痛くないんですよ。それより女の子は、お腹を切るわけですから痛いですよ。術後もしばらくは痛いはずです」と仰っていました。

手術も心配で、終わった後ホッとしたのもつかの間、その後も先生を信頼していても経過もやはり心配ですよね。
完全復帰するまで、どうか大切になさって下さい。

投稿: shogame2 | 2008年10月 6日 (月) 11時12分

★Redさ~ん!!

こんにちはhappy01

全く同じ気持ちです
避妊も、出産も本人の意思は無く、人間のエゴというのでしょうか・・・
出産させない=避妊こちらは極論なのかもしれません
でも、女性器官の病気を私自身が患っているだけに
回避させる事が出来るならとも思った次第です

のわちゃんのブログでは、手術の事で、勿論手術をさせるにあたり
Miiさん Redさんでそれぞれ葛藤があったことだろう
とは思ってはおりましたが、術後に・・・
>本当はこのまま死んでしまうんではないかとオロオロして>しまい、
>夜に先生の携帯を鳴らしてしまったくらいです
そんなお気持ちだったとは微塵も感じ取れませんでした
全く同じ思いをさせてのですね・・・

また、Redさんの仰るとおりで日に日に回復が見られます

この度は暖かいコメントをいただき心より感謝いたしております
ありがとうございましたm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 6日 (月) 12時07分

★shogame2さ~ん!!

こんにちはhappy01

ワンコを飼っていない人からみると滑稽に思える
事かも分かりませんよね

また、男の子も、女の子も心配は同じですよね
wwdo君の手術時のこと、思い出せちゃって
申し訳ないです^_^;

koume日に日に回復しています
帰ってきた術後直ぐは立つのもままならないヨロヨロ
だったのが今朝なんか、いつもの様にイスに飛び乗って
ましたよ~

次回は無事やんちゃ復帰のkoumeを~です
この度は暖かいコメントをいただき本当にありがとうですm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 6日 (月) 12時42分

お帰りkoumeちゃん~~
よくよく頑張ったねっcrying
アンの主治医も避妊推奨派です。
アンも去勢済みなのだけど
私も最初、すごく悩んだよ・・・think
主人とも相談して去勢を決定したのにもかかわらず
終わった今でも【ホントに良かったのか?】って
思う時がある。
病院に一泊のお泊り後、お迎えに行った時、
診察台の上でガタガタ体を震わせているアンの
姿が脳裏に焼き付いてるの。
痛い怖い思いをさせてしまったって思うと
胸がつまるの・・・・・


koumeちゃんの痛みと吐き気が早く治まりますようにsign01


投稿: アン君ママ | 2008年10月 6日 (月) 13時29分

こうめちゃん、頑張ったね!
読ませてもらって、涙がでました。
こうめちゃん…しっかりパパとママに甘えんぼして、
1日も早く、元気になってくださいねheart04

kayoyoさん、こうめちゃんが回復するまで、
頑張ってくださいね!
ビビ家全員で、静岡から応援しています!!!

投稿: ビビママ | 2008年10月 6日 (月) 14時36分

koumeちゃん、無事に手術が終わったようでよかったです。
読ませてもらいました。いろいろ葛藤があったのですね。
ume父さん、kayoyoさんの心中をお察しします。

Q太郎の去勢について考えたりもします。
去勢すれば病気になりにくいなどのメリットがあるのでしょうが、特に先生も去勢を進めるようなこともなく私自身がメリットを見出せていない状況です。
タマタマを取るということはオマカになるということで少し考えます。
以前タイへ行ったとき、「おかまがいるよ」と私が発した言葉でおかまちゃんに囲まれて傘で「こども、こども」と突付かれた経験があります。
そのことでおかまに抵抗があるのかもしれません。
人間と犬で全然関係ない話でコメントと反れましてすみません。

kayoyoさんたちの決断はkoumeちゃんと長く健康で過ごしたいとの思いですから、
これからを大事にして、またご気楽で笑いの耐えないkoume家を期待しています。
koumeちゃん、完全復活までもう少しの辛抱だね。頑張るんだよ!

投稿: Q太郎おやじ | 2008年10月 6日 (月) 14時57分

こうめちゃん初めまして。
私は郡山に2buhiと1ダックスと暮らしている(ブランとアクセルとダックスのデイジー)者です。
前から、こうめちゃんのブログを見ていましたが、PCを始めたので書き込んでみました。
こうめちゃん大変でしたね。今はもう元気になりましたか?
とても心配していました。
そういえば家のブランとこうめちゃんは実の兄弟みたいです。
それとこれからブログを始めようと思っていますので、宜しくお願い致します。

投稿: ブラン婆 | 2008年10月 6日 (月) 17時06分

★アン君ママさ~ん!!

こんばんはhappy01

アン君も去勢していたのですね~
ママさんも手術の時は、さぞご心配だったとこと思います・・
また・・・その時の事思い出させちゃったのでは
逆にご免なさい

先生に痛いのは3日ぐらいって言われたのですが
確かにその通りかもです
今、横で何時もの元気がcoldsweats01

本当にご心配いただきありがとうございます
また、暖かいお言葉心より感謝ですm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 6日 (月) 20時24分

★ビビママさ~ん!!

こんばんはhappy01

大袈裟になってしまいお恥ずかしい限りです
犬を飼われてない方が読んだら滑稽でしょうと思います
たかが犬の避妊手術で・・・ってところですsweat01

今日なんか何時もどおりぐらい元気です
びっくりする位の回復です!!

ご心配ありがとうございました
心温かいコメントを頂きまして本当にありがとうございます
心から感謝の気持ちでいっぱいですm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 6日 (月) 20時32分

Q太郎おやじさ~ん!!

こんばんはhappy01

何だか大袈裟になってしまいお恥ずかしいばかりです

タイっておかまさん凄く多いのですよね
おかまさんの人権が、日本よりも確立されているのでしょうね
何気ない言葉がとても危険でしたねhappy02

ワンコ達は自分の意見が言えない分飼い主の
考え方次第で左右される犬生です
何が正解かわかりませんよねconfident

でも、前向きに頑張りますgood

この度は暖かいコメントいただきまして本当に
ありがとうございましたm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 6日 (月) 20時43分

★ ブランお婆 さ~ん!!

こんばんはhappy01

はじめまして~ブランおやじさんからは何度かコメント
いただきました~~ブラン君、アクセル君、デイジー君
お元気ですか♪

koumeと同腹はブラン君以外にチャコちゃんと、
もう一人男の子が北海道で元気にいます
是非ともkoumeとあわせてみたいのですが遠くて・・
ブラン君は郡山ですから再会も実現しそうです
その時は是非とも宜しくです!!

また、この度はご心配いただき本当にありがとうございます
今はかなり元気です

ブログ始め次第アドレス教えてくださいまし
是非ともお邪魔させていただきます


こちらこそ宜しくですm(__)m


投稿: kayoyo | 2008年10月 6日 (月) 21時01分

こうめちゃん元気になったのですね。良かった。
私は、今pcをやり始めたばかりで、何かと読みづらいとは思いますが、どうぞ宜しくお願いします。
なにせ私は、ブラン、アクセル、デイジィのお婆さん「春日の局」乳母ですから。
もう、この子達なしの生活なんて考えられません。
だからなをさらこうめちゃんの事も人事とは思えませんでした。でも、安心しましたよ!
是非今度会いたいですね!

投稿: ブラン婆 | 2008年10月 7日 (火) 10時51分

koumeちゃん、本当によく頑張ったね。kayoyoさん
パパさんもお疲れ様でした

今回のお話、kayoyoさんのお気持ちが痛いほどよく分かりました。私もミルの手術の時は色々な葛藤があったので・・・。

kayoyoさんの決められた事は、きっとkoumeちゃんにとって1番良い選択だったと思いますよ。koumeちゃんにも
kayoyoさんの思いはきっと伝わっていると思います。

私も、未だにミルのお腹の傷を触ると心が痛むことが
ありますけど、その分ミルが幸せに暮らせるようにしていく
事がミルの幸せに繋がると勝手に思っています(^^)

長くなってしまって申し訳ありませんでした汗

kayoyoさんこれからもブログ楽しみにしています~♪

投稿: かのこ | 2008年10月 7日 (火) 14時21分

おはようございます!!
koumeちゃん、、良く頑張りました。
色々な葛藤、kayoyoさんの思い、、胸が詰まる
思いで読ませて頂きました。

長い長い時間をkoumeちゃんと過ごせるように
心からお祈りしています。

これからも元気なkoumeちゃんの姿楽しみに
しております。

投稿: mamataママ | 2008年10月 8日 (水) 10時11分

★ ブラン婆さ~ん!!

こんにちはhappy01

本当にありがとうございます

すっかり元気になりつつあります
今朝は猛ダッシュで部屋内を行ったり来たりしてました
術後泣きそうなくらい心配しましたが、回復力は凄いですよhappy02

私もkoumeがいない生活は考えられないです

郡山が勘違いで福井県と勘違いしていましたsweat01
やっぱり遠いですね・・・
でも、兄弟(兄妹?)再会が実現できたら嬉しいですlovely


ではでは^^

投稿: kayoyo | 2008年10月 8日 (水) 16時04分

★かのこさ~ん!!

こんにちはhappy01

このブログは術後直ぐの気持ちでもあり・・
今は日に日に元気になるkoumeを見て回復力の
凄さにびっくりしています

かのこさんも全く同じ思いをしているのですよね
私が女性器官の病気を患っているだけに回避
出来るものならとも思って決断しました
お互いにこの選択は正解である事と信じたいですよね

この度は心温かいコメントをいただき救われました
ありがとうございましたm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 8日 (水) 16時11分

★mamataママさ~ん!!

こんにちはhappy01

この度は大袈裟で暗ーいブログで面目ないです
色々ご心配いただきありがとうございます

koumeはびっくりする位、元気に回復しています
人間とはまた違うのでしょうね
私が2年前手術した時2度と全身麻酔は経験したくないと
痛感しましたし、また女性器官を患っていますもので
koumeに回避させてやれるのならとも思った次第です

この度は心温かいコメントをいただき
心よりありがとうございましたm(__)m

投稿: kayoyo | 2008年10月 8日 (水) 16時17分

お久しぶりです。
迷子になってまして、こちらに中々来ることが
できませんでした。
こうめさん、元気そうでよかったですね。

もう一ヶ月も前のことですので、遅くにコメント
大変失礼しました。
でもほんと、よかったです♪♪

投稿: かのん | 2008年11月 5日 (水) 14時59分

★かのんさ~ん!!

本当にお久し振りです。。。

とんでもないです
わたしもなかなかお邪魔出来ずに・・・sweat01
コメントいただきとっても嬉しいです。。

koumeですが手術の傷跡もかなり良くなり
心配したのが嘘のようですhappy01

本当にありがとうございました^^

投稿: kayoyo | 2008年11月 5日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出陣 | トップページ | 劇的復活・・・手術その後 »